島影を浮かべる紺碧の玄界灘。その大海原を抱くように鮮やかに緑の帯が伸びる。鏡山から見下ろす虹の松原は、いつ見ても絶景だ。緑の中を、白い電車がおもちゃのように進んでいく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加