西九州大学健康栄養学科の学生が19日、神埼市大依地区のクリークでヒシの摘み取りに挑戦した。半切り桶(おけ)「ハンギー」の扱いに苦戦しながら、伝統的な収穫法の大変さを身をもって体験した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加