高齢者を対象にした夜間の交通安全教室が22日までの2日間、鹿島市古枝で開かれ、市内から計約160人が参加した。夜間歩行する際、車から身を守るには明るい色の服装をし、反射材を活用するという意識を高めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加