杵藤地区消防本部の総合訓練が22日、鹿島市の中木庭ダム周辺であり、管内の消防隊員42人が参加した。土砂崩れを想定した人命救助の訓練をし、管内各署や長崎県の防災ヘリとの連携を強化した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加