宮内庁は21日付で、天皇、皇后両陛下が主催し、11月1日に東京・元赤坂の赤坂御苑で催される秋の園遊会の招待者を発表した。リオデジャネイロ五輪レスリングで女子個人種目としては五輪史上初の4連覇を果たし、20日に国民栄誉賞を受賞した伊調馨選手や、俳優の北大路欣也さんら約2100人が招かれた。

 招待されたのは、中央官庁が分野ごとに推薦した功労者のほか、国会議員や官僚、自治体関係者らとその配偶者。リオ五輪の金メダリスト勢からは、バドミントン女子ダブルスの高橋礼華選手と松友美佐紀選手の「タカマツペア」や、競泳男子の萩野公介選手らが招かれ、地震で被災した熊本県からは蒲島郁夫知事が招待された。

 園遊会は例年、春と秋の2回開催。会場では雅楽が演奏され、軽食が振る舞われる中、両陛下や皇族が会場を歩き、招待者にねぎらいの言葉を掛けられる。

 県内の招待者は次の通り。(敬称略) 岡ハルエ(県母子寡婦福祉連合会理事長)中冨博隆(久光製薬代表取締役会長)小原健史(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会特別顧問)池田英雄(副知事)

このエントリーをはてなブックマークに追加