秋が深まるこの季節、柿の赤い色を見つけると、ほっと心なごむものがある。きょうは「柿の日」。明治28(1895)年10月26日に、正岡子規が<柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺>と詠んだことに由来する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加