熱気球世界選手権の主会場となる佐賀市の嘉瀬川河川敷に、白いドーム状の施設が現れた。立ち上げ前の球皮が膨らむ様子をイメージしたバルーン形トイレで、佐賀市が2階建ての旧式を建て替えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加