県内の工業高生がものづくりの技術を磨く「第51回工業技術研究発表大会」が24日、嬉野市の塩田工業高であった。7校から224人が参加し、10部門で作業の正確さや速さを競い、研究発表をした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加