地域の一員として認知症の人を温かく見守ってほしいと、鳥栖市の鳥栖西中(伊東栄次校長)で19日、認知症サポーターの養成講座があった。2年生191人が認知症の人の特徴やまちで見かけた時の接し方を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加