武雄市教委は20日、山内西小の給食食材として納入されたうどんに金属片が混入していたと発表した。調理員が19日の食材点検で見つけ、調理はせず、献立を変更した。 金属片は5ミリ×2ミリ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加