連合佐賀(青柳直会長)は20日、来年度の県予算編成に向けて要求していた政策や制度について、佐賀県側と交渉した。雇用や福祉分野など、特に重要課題としている7分野14項目に関して意見を交わした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加