人手不足が深刻な建設業の人材を確保・育成するため、佐賀県建設業協会(岸本剛会長)は26日、教育関係者や行政機関などと連携して、「県建設産業担い手確保・育成ネットワーク協議会」を立ち上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加