多久市の坂田鉄工所(坂田義人社長)はデザイン性、耐荷重性に優れたコンパクトな台車を開発した。「天井が低く、狭い通路でも重量物を運びたい」というものづくりの現場の声を受けて製品化。11月1日に発売する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加