佐賀県立九州陶磁文化館の機能や施設のあり方を考える検討委員会(委員長=三輪嘉六・九州国立博物館前館長、9人)が27日、西松浦郡有田町で開かれ、展示内容や焼き物ファンづくりなどソフト面の取り組みを中心…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加