バルーンがきっかけで10月から佐賀市観光協会で働き始めた台湾の青年がいる。台北出身のジャン・フーミンさん(23)。8月に台湾のバルーン大会で日本語の通訳を務め、佐賀市の選手と出会い、誘いを受けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加