円応寺(武雄市) 1519年に開山された、武雄鍋島家の菩提寺。参道の両側には約100本の桜が並び、弧を描くように重なった枝はまるで桜のトンネルのよう。参道入り口にある鳥居型の石門も見ものです。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加