■三世代交流の新モデル 先日、佐賀市の高木団地で2回目の「きてみんしゃいカフェ」が開かれた。サークルの親子にも呼びかけがあり、行ってみると、「就労支援事業所みのり」の手作り野菜などが販売されていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加