佐賀県文化財保護審議会(会長・佛淵孝夫佐賀大学長)は23日、土生遺跡(小城市)出土の弥生時代中期の農具「踏鋤(ふみすき)」1点を県重要文化財に指定するよう、県教委に答申した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加