リオデジャネイロ五輪出場を目指し、佐賀県内で合宿中のサッカー男子のU-22(22歳以下)日本代表が28日、県医療センター好生館を慰問し、小児病棟や緩和ケア病棟の患者と交流した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加