漂泊の俳人種田山頭火は今でも放浪を浪漫(ろまん)として感じる愛好家にとても人気が高い。彼は旅の風情と酒、そして温泉を愛した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加