戦いが起きるようになると、自然と体を防護する武具が生まれる。日本でも木製の甲(よろい)が弥生時代の遺跡から出土している。本格的な日本式甲冑(かっちゅう)が生まれたのは、武士階級が興った平安時代。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加