武雄市の山内西小の給食食材のうどんに金属片が混入していた問題で、うどんを納入した業者が21日、金属片について「うどん粉を混ぜる際に使うへらの一部が欠けていた」と市教委に報告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加