原発の使用済み核燃料を一時的に貯蔵する施設の建設に協力する意向を示していた唐津市鎮西町串地区の住民が、一転して要望書を取り下げるまでの経過について唐津市は21日、佐賀県に説明した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加