武雄市山内町の黒髪神社で29日、流鏑馬( やぶさめ )が奉納された。ことしは奉納850年で、これまでなかった神事も復活、人馬一体となって紅白の布をなびかせながら疾走する姿に、観衆が称賛の拍手を送った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加