進出協定を結び、秀島市長(左)と握手する滝井社長=佐賀市役所

 インターネット広告を取り扱う「キーワードマーケティング研究所」(東京、滝井秀典社長)が12月1日、佐賀市に支社を開設する。5年後には約60人を新規雇用する。

 同社は従業員30人。支社の開設は初めてで、駅南本町の佐賀中央第一生命ビル8階に入る。初年度は6人雇用する。広告関連の売上高は約20億円で、支社を開設して5年以内に約50億円に伸ばす計画。

 進出協定の調停式が21日、市役所であり、秀島敏行市長は「人口減社会で、若い人が残るには働く場所が必要。佐賀市を選んでいただき、感謝している」とあいさつした。滝井社長は「佐賀の人たちのまじめな人柄を感じ、支社開設は佐賀しかないと確信した。この地なら確実に成長できる」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加