国際規格を満たした衛生的な施設で食肉加工が行われているAコープ佐賀ミートセンター=佐賀市久保泉町

 Aコープ佐賀ミート事業部は、佐賀市の久保泉工業団地内にある食肉加工施設内に畜産物直売所を開設する。佐賀牛や肥前さくらポークなどJAグループ佐賀のブランド肉や加工品を取り扱い、消費拡大の拠点とする。12月上旬オープン予定。

 同施設は今年5月、食品衛生管理の国際規格ISO22000認証を取得。県内のAコープ店舗やJA直営レストラン「季楽」に卸す畜産物のカットやパック詰め、ソーセージなどの加工品製造を行う。新店舗では、牛ホルモンや希少部位など、通常店舗と異なる商品ラインナップで差別化を図る。

 「佐賀県畜産物の風味とおいしさを発信するのにふさわしい」をコンセプトに新店舗の名称を一般公募している。採用作には佐賀牛3万円分、優秀作10点には肥前さくらポーク加工品の詰め合わせがそれぞれ贈られる。

 はがきやEメールなどで応募する。名称と名称に込めた思い、氏名・年齢、住所・電話番号を明記し、〒849-0902 佐賀市久保泉町上和泉1848-17へ。31日締め切り。Eメールはmeat19@saga-ja.jp。問い合わせは同事業部、電話0952(71)8130。

このエントリーをはてなブックマークに追加