農林水産省は18日、果樹と茶の栽培面積(7月15日現在)を公表した。ミカンが4万3800ヘクタール、茶は4万3100ヘクタール、日本ナシが1万2500ヘクタールといずれも前年比で1~2%減少した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加