有田焼業界は創業400年を契機に、活路を見いだすためのさまざまな取り組みを進めている。伝統産地の未来を切り開くには何が必要か。学識者や窯業関係者の3人に課題や再興に向けた手だてを聞いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加