州各県の社協職員や民生委員ら福祉関係者約600人が集まり、人と人との関わりが希薄になる時代に地域が果たすべき役割を考えた。 基調講演の後、参加者は三つの分科会で意見交換した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加