今は昔の物語である。日照りが続き、農作物に水不足の被害が出ると、人々は山の上で雨乞いの「千把焚(せんばた)き」をした。天を焦がす焚き火をして竜神を怒らせ、雨を降らせようというのである。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加