佐賀県難病相談支援センターは23日午後1時半から、佐賀市神野東の県駅北館内の同センターで、「膠原(こうげん)病講演会」を開く。佐賀大医学部膠原病・リウマチ内科の多田芳史診療教授が、最新の治療法などを話す。

 膠原病は原因不明で全身のさまざまな部位に炎症が起こる疾患の総称。県内では指定難病の診断を受けている人だけでも千人以上おり、多くの人が苦しんでいるとみられる。多田教授は膠原病の種類や症状のほか、研究が進む新たな治療法などを紹介。難病関連の法律の最新情報も話す。

 患者や家族、関心がある人など誰でも無料で参加できる。希望者は22日までに同センターに申し込む。問い合わせは同センター、電話0952(97)9632。

このエントリーをはてなブックマークに追加