第22回フッペル鳥栖ピアノコンクール(鳥栖市など主催)のフッペル部門の本選が10日、鳥栖市民文化会館で開かれた。2次予選を勝ち上がった6人が華麗な演奏を披露。佐賀市の大坪健人(たけと)さん(27)が3位になった。大坪さんは特攻隊員が奏でたとされるベートーベンのピアノソナタ「月光」を弾いた中で最も優秀だった人に贈られる月光賞も受賞した。

 大阪府豊中市の佐野良太さんが1位、福岡県筑紫野市の井ノ口碧稀(たまき)さんが2位だった。

 コンクールは、出撃前の特攻隊員が今生の別れに弾いたとの戦争悲話が伝えられるドイツ・フッペル社製のピアノ(サンメッセ鳥栖に展示)にちなみ、平和文化創造を目的に開催。全国から実力者が集うフッペル部門には35人が出場した。

このエントリーをはてなブックマークに追加