成和ライオンズの後輩から応援の寄せ書きを受け取る池田隆英投手=唐津市和多田の成和公民館

 ドラフト2位で楽天に指名された創価大の池田隆英投手(22)=唐津市出身=の入団祝賀会が29日夕、同市和多田の成和公民館で開かれた。池田投手は「日本を代表する投手を目指し、日々精進します」と活躍を誓った。

 小学生時代に所属した成和ライオンズの保護者OBが開き、当時のチームメートや現役の児童ら約70人がエールを送った。池田投手は「自分の原点は成和ライオンズ。皆さんの応援でプロ野球選手のスタート地点に立てている」と感謝の言葉を述べた。

 監督だった山下英樹さん(51)は当時の思い出を語り、「努力を忘れず、皆さんの応援を忘れず、一日も早く先発のマウンドに立って」と激励した。

 30日は中学時代に所属した地元の硬式チーム・東松ワンダーズ(現佐賀東松ボーイズ)の関係者が祝福する。1月1日まで地元で休養し、2日から大学に戻って練習、5日に楽天の選手寮に入る。

このエントリーをはてなブックマークに追加