■太鼓と鉦の音が呼び名に 雨上がりの、秋めいた空に向かって、男衆がこぶしに結わえた大鉦(おおがね)を突き上げる。基山町で毎年、秋分の日に開かれる荒穂神社の御神幸(みゆき)祭。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加