トヨタ紡織九州-湧永製薬 前半、相手シュートをはじくトヨタ紡織九州GK岩下祐太(中央)=神埼市の神埼中央公園体育館(撮影・山田宏一郎)

 第41回日本ハンドボールリーグ第6週第1日は22日、神埼市の神埼中央公園体育館などであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は湧永製薬(広島県)に23-24で敗れた。通算成績は1勝6敗。暫定順位は8位のまま。

 トヨタ紡織九州は前半、3度の退場で数的不利を招きながらもGK岩下祐太の好セーブでしのぎきり、14-14で折り返した。後半は、CB中本和宏のシュートやRW鈴木済の7メートルスローなどで得点を重ねて試合終了間際まで競り合ったが、残り5秒で勝ち越しを許した。

 トヨタ紡織九州は第7週第2日の29日午後1時から、宮城県の大和町総合体育館でトヨタ自動車東日本(宮城県)と対戦する。

 ▽男子

湧永製薬(3勝2分け1敗) 24(14―14)23 トヨタ紡織九州(1勝6敗)

                (10―9)

トヨタ車体(5勝1敗) 29(14―13)27 豊田合成(4勝3敗)

              (15―14)

大崎電気(4勝1分け1敗) 36(18―14)31 北陸電力(6敗)

                (18―17)

このエントリーをはてなブックマークに追加