多布施川の桜並木に沿って歩く「桜道ウォーク」が28日、佐賀市の神野公園を発着点に開かれた。家族連れなどの参加者約180人が、澄み渡った青空の下で“桜のトンネル”を通り抜け、春を満喫した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加