海洋温度差発電研究の第一人者。国立大の独立行政法人移行期には佐賀大学長を務めた。 アンモニアを表層の海水温で蒸気化し発電、深層水で蒸気を液体に戻す「ウエハラサイクル」を考案。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加