秋の里山の景観を向上させようと、佐賀市大和町松梅地区の「華蔵庵(けぞうあん)の棚田」で26日、佐賀大学の学生たちがヒガンバナの球根約600株を植えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加