定住促進策として新年度から「空き家バンク」制度を始める神埼市は31日、定住希望者と空き家を仲介する一般社団法人県宅地建物取引業協会(中村重美会長)と協定を結んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加