県内の山野草ファンでつくる「はがくれ山草会」(吉田和英会長)の第73回展が、佐賀市松原の佐嘉神社境内で開かれている。小さな鉢の中に秋の風情を凝縮した作品約450点が、来場者の目を楽しませている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加