日本古来の酒造りの再現を目指す有田町の宗政酒造が、同町原明の水田で古代米の収穫儀式「抜穂祭」を行った。同社の社員と家族、JAの関係者らが神事の後、そろいの法被姿で稲を刈り取った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加