連合佐賀の地方委員会であいさつする連合の神津里季生会長=佐賀市の自治労会館

 連合の神津里季生会長が22日、佐賀市で開かれた連合佐賀の地方委員会であいさつし、次期衆院選の野党共闘の在り方について「基本的な政策の一致が前提」と強調、共産党に対しては「目指す国家像が違う」として連携に否定的な考え方を示した。

 神津会長は、国会で環太平洋連携協定(TPP)問題の議論が深まらない現状を憂慮し「本当は解散する状況ではない」と指摘した。その上で「与党の論理でいつ解散があるか分からないのが現実」として組織の引き締めを促した。

 衆院選に関し「今、危機を乗り越えなければ国民の選択肢がなくなってしまう」と野党候補の一本化に理解を示した。ただ、共産党との共闘には「自衛隊を認めないなど基本的な考え方に照らせば、政策協定を結ぶことはあり得ない」と語った。

 原発の再稼働では「○か×かではなく、連合は真ん中だと思っている。将来的になくしていく中で、それまでの間は国の審査と地元同意ができたものについては容認する」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加