あぐらんの「牛テールのデミシチュー」

 旬工房あぐらんのランチメニュー「牛テールのデミシチュー」は、自家製のデミグラスソースに和牛やタマネギなど具材の味がしみ込み、深いあまみが舌をやわらかく包み込む。サラダ、パンかライス、デザート、ドリンク、スープ付きで1300円。

 和牛のテールは圧力鍋で約1時間ほろほろになるまで煮込み、自家製デミグラスソースととろけるまで煮込んだタマネギとあわせ3~4時間ほどじっくりと煮込む。時期によって近所の農家などによる旬の野菜をいれたり、冬のシチューはさらにとろみをつける。

 創作料理をメーンにその日に思いついた料理を出す山本健太郎店長(42)は「決まったレシピはなく、そのときに自分が一番おいしいと思うメニューを出しています」と話した。山本さんは5年前に「牛テールのデミシチュー」を考案し、定番メニューとなった。

 「日替わりランチ」(650円)や、トマト・クリーム・和風の3種からソースを選ぶ「パスタランチ」(800円)なども人気。夜は居酒屋として営業。

店名  旬工房あぐらん
住所  佐賀市久保泉町川久保3023-1
 (免許試験センター東交差点から北に400メートル)
営業時間  11時~14時
 18時~23時
定休日  日曜
電話  0952(71)8383
このエントリーをはてなブックマークに追加