その絵は、ひび割れた大地のようでもあり、ざらざらした岩肌にも見える。独立展で最高の独立賞を受賞した画家の山下智樹さん(57)=白石町=の「着地点」は、時間の堆積を感じさせる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加