塚部芳和市長(前列右)に入選を報告した伊万里有田法人会青年部のメンバー=伊万里市役所

 伊万里有田法人会の青年部が「法人会全国青年の集い」の租税教育活動プレゼンテーションで優秀賞を獲得した。部会員らが17日、伊万里市役所を表敬訪問し、受賞の喜びを報告した。

 青年部は伊万里市と有田町の小学校に出向き、6年生を対象に税の大切さを教えている。これまで教材として映像などを使っていたが、児童の興味を引いていないことに気付き改善を模索、体験型学習の「人生ゲーム」を考案した。

 一生のうちに資産をどれだけ残せるかを競い、その中で税金がどう使われるかが分かる内容。財源不足に陥ることもある展開は、ゲーム好きの子どもたちを十分に楽しませた上で、税への関心を喚起させた。

 9月に北海道旭川市で行われた大会で、教育の効果をプレゼンし、最優秀賞に次ぐ優秀賞に輝いた。

 塚部芳和市長から「これが長じて納税率ナンバーワンになればありがたい」と、賞賛を受けた岩永健司部会長(46)は「時代に合わせ中身を変えながら、今後も続けていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加