農林水産省は4日、環太平洋連携協定(TPP)発効により畜産、酪農、林業、水産の計19品目が受ける影響を分析し、牛肉、豚肉、乳製品の3品目について「長期的には価格下落も懸念される」との見方を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加