三養基郡上峰町はタカを活用した農作物の鳥獣害対策の検討を始めた。カラスが麦や大豆を食べる被害が発生しているが、高齢化などで駆除を担う猟師がいないため。今後農家の意見を集約し、導入を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加