九千部山地の中腹に位置する河内ダムは、大木川下流域の洪水防止を目的に1966年に着工し、5年後の71年に完成しました。 ダムが造られる前、ここには景勝地「鳴瀬の滝」がありました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加