孔子や儒学に関係する偉人たちの遺徳をしのぶ典礼「秋季釈菜」が23日、多久市多久町の多久聖廟であった。朝からの雨にもかかわらず傘を広げた見物客が境内に詰めかけ、90を超える儀式の所作を見守った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加