唐津、多久両市で10月に実施された子宮頸(けい)がんの巡回検診で、検査用液の不良によって受診者82人について判定できなかったことが6日、分かった。検診の委託を受けた佐賀県総合保健協会が明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加